脂肪酸の種類

男性

脂肪酸の働きとは

人の生命活動の元になるエネルギー源のひとつが脂肪酸です。この脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、この内、不飽和脂肪酸は化学的な構造により、オメガ3とオメガ6、オメガ9に分類されます。最初のオメガ3は、この頃注目を集めている不飽和脂肪酸ですが、次のような効果、効能が知られています。まずは、健康に良くないコレステロールや中性脂肪を抑える効果があります。そして、肥満の改善や高血圧の防止、改善、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーの改善なども知られています。この他にも美容に良いことや認知症予防にも効くそうです。ただ、オメガ3だけ摂取すれば良いというものではなく、オメガ6等も適量摂取する必要があります。

どんな食材に含まれるのか

バランスよく摂取するとオメガ3などの不飽和脂肪酸は健康に良いことはわかったと思いますが、どんな食材に含まれているのでしょうか。オメガ3は、くるみや黄緑色野菜、豆類、青魚等に多く含まれています。また、油では、亜麻仁油やえごま油、しそ油などがあります。オメガ3にはアルファリノレン酸やDHA、EPAなどがありますが、これらが上記の食材に含まれています。オメガ6も摂取しなければならない脂肪酸です。例えばリノール酸はオメガ6に属しますが、これは、卵や肉、一般の植物油などに多く含まれていますので、却って摂り過ぎに注意すべきかもしれません。オメガ9は、オリーブ油などに含まれているオイレン酸が有名です。これは、ナッツ類にも含まれています。